幼児からのバイオリン、子供との向き合い方。

キッズのお母様からのメール📧

こんにちは。熊本県合志市・多賀ヴァイオリン教室の多賀美紀です。

今日はお母様から嬉しいメール📧を頂きました。

『レッスンで褒められて、ニコニコうきうきで帰りました♡ゆっくりでよいので、バイオリンを細く長く続けてほしいです😊』

といった内容のメールを頂き、とても嬉しく思いました。

幼少の頃のバイオリン練習は、保護者の方のサポートが必要になります。(バイオリンが弾けなくても、音楽の知識がなくても大丈夫です。)

例えば、早くて3才から始めたお子様で、小学校に上がるまで4年。長いようで、あっという間に過ぎてしまう期間です。

そして、子供たちはこの期間に、さまざまな事をスポンジの様に吸収していきます。音感がつくのもこの時期です。この時期にバイオリンの土台を作ってあげる事は、先々を考えるととても大切な事です✨

しかし…💦幼児は思うように行動してくれません(眠くなったり🥱、ずっと遊んでいたかったり、その日の気分で上手く弾けないと泣いたり😢)

この時期、親子での練習は山あり谷あり、試行錯誤の日々ですが、悩んだり考えたりした分だけ、お子様たちは成長しています。

そのうち自然に手が離れて、自分で考えながら練習するようになっていきますから、幼児期の今は頑張った時にはしっかり褒めてあげて、練習はうまく出来たところで終わるように、明日また気分良く練習スタートできるようにしてみて下さいね😊🎻

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」美鈴幼稚園徒歩5分・JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分 合志南小学校・合志南ヶ丘小学校校区

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください