スラーでうまく弾けない時は、スラーをとって。急がば回れ🎵

うまくいかない時は、練習方法を変えてみると、すんなりできる事があります🎻

こんにちは。熊本県合志市・多賀ヴァイオリン教室の多賀美紀です。

音階練習は、スラーなし(全音符)、スラー2つ(2分音符)、4つ(4分音符)、8つ(8分音符)、16(16分音符)と増やして練習します🎶

音階とアルペジオの練習で、口を酸っぱくして言っている事は、『弓の配分』です。

スラーの中の音符が均一に弾けるように🎵

弓を等分した場所にシールを貼って、わかりやすく練習していますが、音符の数が増えると、テンポも速くなる為、弓の配分がうまくいかない事があります。

左手が押さえにくい4の指や、3♯の指、また移弦の時は右手がすーっと速く動いてしまいがちです😣

こんな時は、右手ではなく、左手の練習が必要ですから、メトロノームに合わせてスラーをかけずに練習してみて下さい♪ スラーをかけて弾く時と同じ速さで弾ければ、上手くいくと思います。

練習の仕方をマスターしたCちゃんは、今日のレッスンで音階とアルペジオをとても綺麗に弾いていました✨✨

p.s. ネコもらいました。かわいい😻

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」美鈴幼稚園徒歩5分・JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分 合志南小学校・合志南ヶ丘小学校校区

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください