弓の持ち方が良くなったら、音が変わった

ヴァイオリンを弾く時、弓の持ち方が悪いと弓先が指板の方に流れていったり、弓元まで使うことが出来なかったりします。

Aちゃんのレッスンで、弓の持ち方を再確認してスケールを弾いてみました。

 

人差し指は、第1関節と第2関節の間、親指はまあるく、小指は突っ張らないように。

Aちゃんは、はじめ小指にとても力が入っていましたが、少しゆるめることが出来るようになったら、手首の力も抜けて、弓元まで上手に使えるようになりました😊

弓を正しく持ち、脱力できると、腕の重みを弓にのせられるようになります。

弓の持ち方が良くなったAちゃん、ボーイングも綺麗になって音に変化が出てきました👍

 

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」 美鈴幼稚園徒歩5分・合志音楽保育園徒歩1分・ JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください