歌ってから弾くとリズムがわかる

リズムや音程がとりにくいところは、歌ってみると弾けるようになります♪

Aちゃんは、習い事はバイオリンがはじめて。

バイオリンが弾けるようになるのと同時に、楽譜が読めるようになることと、拍の理解が出来る様にしていかねばなりません。

バイオリンを習ってすぐの頃は、楽譜を見てドレミがすぐには解らなかったAちゃんですが、「歌って弾く」を繰り返していくうちに、リズムも音もわかるようになってきました。

それだけでなく、歌もだんだん上手になって音程が取れるようになってきたので、一石二鳥です(^.^)

バイオリンでリズムがわかりにくい所がある時、ちょっと楽器を置いて手を叩きながら歌ってみます。歌うことができれば、楽器ですんなり弾く事が出来ます!

バイオリン教室の小学生の生徒さんたちは、音とリズムがすぐに理解できるので、皆さんリコーダーが得意です(^-^)v

 

熊本県合志市「多賀みきヴァイオリン教室♪」 美鈴幼稚園徒歩5分・合志音楽保育園徒歩1分・ JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください