ヴァイオリンの弓の持ち方

今月からレッスンをスタートしたMちゃん、とっても上手に弓が持てるようになりました。

IMG_1597.JPG

弓の持ち方のポイント『親指』

親指は、昔は弓に対して斜めでしたが、今は弓と直角に持つのが主流です。但し、弾く人の手の形や、親指の付き方によって判断します。

弓に当てる部分は、親指の腹でもなく、先すぎず。先すぎると音が硬くなります。

親指は、反らないのが基本です。かるく曲げた形で弾きます。

『人さし指』『中指』『薬指』

『人さし指』は、第一関節と第二関節の間を(少したおして)弓にあてます。深くかぶりすぎたり、開きすぎたりしないようにします。

『中指』『薬指』は、指の腹が当たるようにしてもちます。

親指から、人さし指までの距離と、親指から小指までの距離は同じ。(つまり、人さし指と小指の中間に親指が来ます。)

『小指』

『小指』は、指の先端が当たるようにして、かるく曲げてのせます。

小指に力がはいって、つっぱったり、反り返ったりしないように。バランスでおいている感じです。

 

どの指も、関節をかるく曲げた形になります。手のなかに卵が入っているイメージでやわらかく。。

基本の形で持てるようになるまで、はじめは鉛筆で練習すると良いと思います(^^)

IMG_1584-0.JPG

IMG_1586.JPG

 

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」 合志音楽保育園徒歩1分・ JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください