ヴァイオリン『クロイツェル』42のエチュード♪

『クロイツェル』21番♫

今日の最後のレッスンは、Tさんでした。

ちひろ

Tさんは、小学2年生からレッスンに来てくださっています♪

早いものであっという間に高校生になってしまいましたが、毎週1回、休むことなく、とっても真面目に練習してきてくれます。

 

レッスンの中で『クロイツェル』42のエチュードの21番を練習しました。

クロイツエル4

この21番は、4の指(小指)と3の指(薬指)のトリルの練習です。

3連音符の中に、マルトレとトリルが交互にでてきます。

 

 

 

 

マルテラート(マルトレ)の弾き方は、

発音を非常にはっきりと、直ちに弓圧を開放して楽器を響かせる弾き方です。

弓先から弓中の半弓くらいを使って、弓圧をいれる、抜く、の基本動作をしっかり確認しながら練習します。

音の出だしで弓圧をしっかり乗せて(指の柔らかさを使う)、サッと弓を動かすと同時に弓圧を開放させて音を響かせます。

 

21番を弾く際、トリルは弓先から始め、確実なマルテラートで弾かねばなりません。

 

トリルとマルテラートが交互にでてくる為、トリルがもたつくと、マルテラートも勢いがなくなり、3連音符のリズムまでくずれてしまいます。

トリルが入ってもメロディーラインがわかるように、そして3連音符のリズムが正確に弾けるように、メトロノームに合わせて練習を行いました(^^)v

 

来週は、オクターブのレガート(スラー弓)のレッスンをする予定です!!

クロイツエル1

 

 

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」合志音楽保育園徒歩1分・ JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください