貴重なヴァイオリン🎻

Kちゃんの、ひいおじいさまが、戦前にヴァイオリン製作者の方に依頼して作ってもらったという、貴重なヴァイオリンが出てきたそうで、レッスンの時に見せて頂きました。🎻

製作者『宮本金八』さんのヴァイオリンです。

f字孔の中を覗くと、皇紀2600年(神武天皇即位より2600年)と書いてありました。1940年(昭和15年)の楽器です。

(そういえば、R.シュトラウスの『皇紀2600年奉祝音楽』という曲があるのを思い出しました💿)

元々特に目立った割れや傷もなく、一枚板のとても美しい✨✨ヴァイオリンです。

宮本金八さんの楽器は、その製作技術の高さから国内外から高い評価を受け、当時「東洋のストラディヴァリウス」と人気を集めたそうです。
(クライスラーやハイフェッツ、更にはアインシュタイン等々からも絶賛を受けたのだとか。)

実際に音を出して弾かせて頂きました✨ 長年の間、誰も弾いていなかったとは思えない程、深みのある朗々とした音色の、鳴る楽器でした。

Kちゃんが、この楽器を使うのは、まだまだ先になりそうですが、ひいおじいさまも、Kちゃんがこの楽器で演奏してくれるのを楽しみにしてていて下さる事だと思います♡♡

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」 JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地入口バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください