ヴィヴラートをかけてうたうように弾きたい🎵

ヴァイオリンで、うたうように豊かに曲を弾くためには、ヴィヴラートが必須です。ヴィヴラートをかける事で音色も音量も変化します😃

ヴィヴラートには、手首のヴィヴラート・腕のヴィヴラート・指のヴィヴラートと3種類があります。

レッスンで、Sちゃんは腕のヴィヴラートを練習しました。

まず、楽器が動かないように固定して(ひとりで練習する時は壁につけてやってみてください😉脱力できます✨)

左腕全体を使って、手首の形を変えずに、弦に乗せた指を第一ポジションから第三ポジションまでくらいの幅で、ゆっくり何度も往復。

そして、その幅をだんだんと狭くしていきます。

最後には、左指先をすいつけるように音の位置に置いて、一定の幅でヴィヴラートをかけます。

(う〜ん、文字では上手く説明できませんね😅💦)

綺麗なヴィヴラートがかかるように、これから地道に練習していきましょうね😉

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」 JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地入口バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください