みんなに聞いてほしい話

あるバイオリ二ストの先生が、セミナーでのレッスンの際に受講生の方にされたお話です。

先生は、お城が大好きなのだそうです。

外観が素晴らしく素敵なお城、内装が豪華なお城‥‥🏰 何百年も経っているのに変わる事なく聳え立っています。

しかし、どんなに外観が素晴らしいお城でも、土台がしっかりしていなければ、何百年も持ちこたえる事はできません。

一番大事な土台を、人の手で時間をかけて、丁寧にしっかり作ることで、強くて立派なお城が出来上がったのです。

バイオリンも同じ。

時間はかかるけれど、基本をしっかり練習し、土台(基礎)を作ることが大切。そうでないと、先に進む事ができなかったり、積み上げていったものが、崩れてしまったり。結局、また土台(基礎)を、最初から作り直さなくてはなりません‥‥‥

 

曲が次々弾けたり、楽譜を見て好きな曲が弾けたりするのは、基礎がしっかりあるから。

バイオリンを習いはじめて、すぐにカッコイイ曲弾けませんし💦時間がないからと、スケール省略して曲しか弾かないと音程は悪くなる一方ですし😢💦

やっぱり、こつこつスケール(音階)とエチュード(練習曲)を怠らずにさらう事が上達の近道なのでしょう🎵私も含めて、みんな頑張りましょうね!

小さいお子さんの場合、不得意なところを嫌がる事がありますが、ちょっとずつ練習していくうちに、時間が経てばいずれ出来るようになります。ここで心折れて辞めてしまわないコトです😢

この壁にぶち当たった時、お母様の力が大いに必要になってくると思われます。

継続する事が自信や力になり、また真剣に向き合う濃い時間が、親子の絆をいっそう深めるようです😀

 

 

熊本県合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」 美鈴幼稚園徒歩5分・合志音楽保育園徒歩1分・ JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください