ピッチカートで左指の練習

右手と左手、別々に練習

ヴァイオリンを演奏する時には、左指で音を取り、右手で弓を動かす右手と左手の別々の動作をしなければなりません。

問題なくすぐに弾ける人も中にはいらっしゃいますが、はじめのうちは、右手と左手のタイミングが合わなくて、左指の準備が出来ていないのに弾いてしまったり。。。そんな時は、右手と左手を別々に練習をします。

右手だけでリズムを弾いてみる

はじめに、右手だけ開放弦で(指を押さえず)曲のリズムを弾いてみます。弓のどの辺を使って弾くのか、また使う長さも、右手だけだと集中できます^ ^

ピッチカート

右手で、弦をはじく奏法を『ピッチカート』といいます。

弦をはじく場所は、弓を弾くところではなく、指盤の上をはじきます。

はじめに弓を使わずピッチカートで練習してみると、左手に集中でき、音程や指の形を確かめる事ができます😀

左手の音程がしっかり取れるようになるまで、ピッチカートで練習!みんな弦をはじくのが楽しいのか、はりきってピッチカートで弾きます😊

img_2866.jpg

右手と左手、別々に出来るようになったらヴァイオリンと弓で弾いてみます。

はじいてから弾いたら、上手く弾けるようになりました💮

 

熊本県合志市「多賀みきヴァイオリン教室♪」 美鈴幼稚園徒歩5分・合志音楽保育園徒歩1分・ JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください