子供のヴァイオリン練習のモチベーションを上げる

子供の練習のモチベーション(ヤル気)を上げるには、あの手この手の工夫が必要!

『ヴァイオリンは好きだけど、家での練習はきらい。』という子供たちがほとんど。

『練習』=『上達』がわかるようになるには、時間がかかります。

幼児や小学生で、毎日進んで練習する子がいるとすれば、そこにはヤル気を上げる為の(習慣づける為の)工夫や努力があるか、もしくは直前に目標とする事(例えば発表会とか。。コンクールとか。。)差し迫ったものがあるのではないでしょうか。

レッスンの時に先生から、「次の曲をみてきて下さいね。」と言われても、練習のポイントがわからないと、取り組む意欲がわかなかったり、練習方法が間違っていたりする場合もあります。

生徒さんのレッスンで、使用しているのがコレ❗幼児〜中学年くらいまでは効果あります。

IMG_1724.JPG

難しいパッセージや、練習するポイント数ヶ所に、貼ります!
IMG_1731-0.jpg

そして、100マス

付箋を貼ったフレーズの練習回数、曲を通して弾いた回数を、ひとマスずつ色鉛筆で塗りつぶします。

IMG_1732-0.jpg

この時、塗りつぶす色は付箋の色と同じだとわかりやすいです(^_^)v

練習する事で色を塗ったマスが増えていくのが、なんとも嬉しいようです^ ^

100マスぜ〜んぶ埋まったら、特別なシールを贈呈します

『達成感』は、小さなお子様でも感じ取る事ができ、達成して貰えるシールは特別なもの。

こうして、『練習』した分だけ上手くなることがわかってくれば、マスなしでも練習できるようになっていきます

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください