ヴァイオリンの弓の持ち方矯正します

弓の持ち方矯正グッズ その1

ヴァイオリンの弓を持つ時に、初心者の生徒さんはどうしても右手に力が入ってしまいます。

弓が落ちそうになるのを心配して、特に根元に弓を運んだ時に、キーンと右手の指に力が入るようです。

 

正しい弓の持ち方は、親指と小指の関節は軽く曲げたかたちとなります。(小指が特に短い方の場合は別ですが)

決して力がはいる事はなく、小指はバランスでおいておく程度です。

 

最近、小指が突っ張らない為の矯正グッズが、市販で売っていて、なかなか癖がなおらない生徒さんに試しで使ってみました。

弓2

 

数ヶ月使用してみて、効果が出ているようです。

但し、この矯正グッズ、若干重いのと、向きが変えにくいのが難点!

 

弓の持ち方矯正グッズ その2

百円ショップに売っている『魚の目テープ』。

弓1

これがなかなかの優れもので、何回でも貼り直すことができて、重くもならず、小指が穴にフィットします。

これを発見した時、すぐに試してみたくなりました^ ^

 

今日レッスンにいらした、大人の生徒さんに試しで使ってみましたが、いい感じで、手の力が抜けてきました。

 

他にも、右手の指の力が入らない様に、また手の形を丸く保つ為に『スティックのり』を親指の間に挟んでみたり、、。

 

力を抜いて、自然体で弾く為には、まずは楽器を楽に構える事がスタートだと思っています(^.^) 綺麗なフォームをつくる事が、無駄なく楽に弾くことへの第一歩です♪

 

合志市「多賀ヴァイオリン教室♪」こうし音楽保育園徒歩1分・ JR光の森駅/武蔵塚駅より車で5分・永江団地バス停より徒歩3分

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください